【夏期講習】長男の夏の予定~決定編~【小学5年】

続きです→→うだうだ言ってる~検討編~もよかったらご覧ください。

 

長男といろいろ考えて、出した案は以下の3通り

 

【パターンA】私学受験向け

*16日間、在宅(受講日や時間は自分のペースでスケジューリング)

四谷大塚の進学くらぶで在宅で動画をみて夏期講習を受講する

(通塾は夜が遅くなりすぎるし、夏期講習期間中、ほぼ学校があるので、体力が持たないと思うので、在宅での夏期講習の受講を提案)

 

【パターンB】公立中高一貫校受検向け

*週2回、通塾(3時半出発、8時帰宅)

中高一貫受検専門コースのある塾で、夏期講習を受講する

中高一貫対策は未経験なので、今のうちに自分で経験させて、向いているかどうか確かめてほしい)

 

【パターンC】公立中進学→公立高受験向け

*2日間限定、通塾(3時出発、8時帰宅)

SAPIX中学部、5年生夏期特別講習(算数・英語)

公立高校受験を目指す生徒のためのお試し講習、算数は図形・英語はフォニックスの予定

 

…というパターン。そして、長男の答えは…

 

「全部やる!(^▽^)」

 

・・・え? 今、なんて言った?!(〇◇〇;)

 

全部…って全部?!

出来ないわけじゃないけど…それはきつすぎないかな?

SAPIXは2日間なので、きっとその日はそちらを優先すれば何とかなる…でも、週2で中高一貫向けの塾に通って(しかも電車)、きっと宿題も出るだろうし、その合間に16日分のテキストを見て、動画を見て…はしんどすぎる…と母は思うのです。

 

でも「全部やる」の一点張りなので、その気持ちを汲んで、ちょっと考えてみて…

四谷大塚のテキストを見てみると、復習分野もあるので、動画を見ずとも進められる気がするので、動画を見る時間を省略すれば、勉強時間を半分にできる気がする。

 

そうなると、四谷大塚を土日の週末とか、1日空いているところに埋め込めば、16日分の課題をやりながら週2の中高一貫対策の夏期講習会を両立出来ないわけではないかな…?

 

そして、動画を受講しないで、テキストだけを手に入れられれば、その分費用はかなり抑えられるし(^^;

 

このタイミングで、全方位の勉強をするって、私立中受験を考えている人からしたら、「え?何言ってるの?なめてんの?」って言われるかもしれないし、「全部中途半端になりそう」といわれるかもしれませんが、まだいろいろ決断できてない我が家としては、全部やってみてわかることもあると思うのです。

 

何よりも、今まで未知の世界だった中高一貫対策の勉強や、公立中進学で高校受験という子がいる世界も見てみるのもいいかもしれない。英語はフォニックスを始めたばかりなので、それをブラッシュアップするのもいいかもしれない。

 

それに、まだ5年生、まだ時間はある。今年は旅行にもお出かけにもどちらにも行けないし、本人がやりたいと言っていることを親が止めるのはもったいない。

 

これが正解か不正解か、近道か遠回りかわからないけど、ただ一つ言えることは、「勉強したものは自分のもの、誰にも奪われない」

 

もうひとつ「全部やる計画」をGOさせようと思ったのは、うちの次男くんの一言。

 

「やらずに後悔するより、やって後悔したほうがいいでしょ!」

 

…と。朝ドラの受け売りですが、笑顔で言ってくれたことでした。

 

夏休み、私も毎日計画を立てて、長男を支えていこうと思います。

(次男もとても手がかかるので、それはそれで大変なんですが…がんばるっ!!)

【夏期講習】長男の夏の予定~検討編~【小学5年】

さて、組分けテストも終わり、2日間ほど何の勉強もせず、放課後、床屋へ行ったり、テレビを見たり、楽しんでいた長男ですが、学校はまだ夏休みには入っていません。こちらの地域は、8月の前半のみ夏休みで、7月中は通常授業があります。

 

夏休みは8月の前半2週間。短いですね。非常に短い(笑)

親もなんだか今がいつなのか(本来なら夏休みに入っている時期)わからなくなってます。気候的にも梅雨が明けないので余計に…ですね。

 

そして、たった2週間しかない夏休み、長男はどう過ごすのかな?と前々から2人で検討していました。

 

わが家、相変わらず、進学先をどうしたいかわかりません。

コロナ禍で、先の見えない状態に、経済的にも今後の不安もあり、そこまでして私学に行かなきゃだめですか?行かせられますか?と思ったりしながら、先輩ママと話すと「やっぱり中学から入った方がお得だよー、結局公立行ったって高校受験で、中3の夏期講習10万+合宿で8万とかかかるんだよ!」とか言われて、それだったら、高校から入るのが大変な私立を中学ならまだ入りやすいところもあるし、長男も手が届くから、そっちの方がいいのかな?とか迷ったり。

 

長男は、学校のお友達の影響で、「公立中高一貫」の受験もいいかも?と言い始めましたが、内申があまりよくない(いたって普通)ので、不利じゃないかと思ったり、公立中高一貫も、今は対策をしないとなかなか合格しないと聞いているし(御三家受かるような子は何も対策しなくても受かるらしいけど)、なにせ、書く(文章を作る)のが苦手な子が、文章を読んで要約とか絶対にできるわけがないと思ったり…

 

私立中、公立中高一貫中、あとは…地元の中学に進学して公立高校受験…という選択肢もあるのですが、そうなると、先ほどの内申に自信のない長男は大丈夫なのかな?と母としては不安になったり(でもその頃には長男も成長しているかもしれないし)、先の見えないことでぐるぐる考えちゃう、弱気な母です…だめだなぁ。

 

長男もいろいろ考えていたのと、私もいろいろリサーチしてきたのとで、結局驚くような決定をすることになりました。

 

続きは~決定編~でー!

 

【四谷大塚】組分けテスト#4【長男5年】

5週間なんて本当にあっという間…

今回はなんだか、学校が始まったというのもあり、さらにそう感じました。

 

2020年7月19日(日)組分けテスト第4回、受験してきました。

相変わらず、本人はテスト終わって「どうだった?」といってもあまり答えてくれず、わくわくしながら模範解答と答え合わせするような子でもなく…。自信があるのだかないのだかわからない状態でした。ま、次の日には結果がでるので、私もそこでイライラしても仕方ないので、次の日の結果みればいいやー!って感じなのですが(笑)

 

そして、結果が来ましたよ…。

※点数と順位は1の位、偏差値は0.1の位を四捨五入してます※

( )内は偏差値・【 】は順位(10の位切捨て)です

 

4科380点(偏差値62)【順位:1150/9501人受験】←上位12%

2科240点(偏差値64)【順位:800/10008人受験】←上位8%

算:160点(偏差値64:前回59)【800/10008】←上位4%

国:  80点(偏差値55:前回47)【3200/10008】←上位30%

理:  50点(偏差値48:前回52)【5440/9701】←上位56%

社:  84点(偏差値66:前回57)【380/9510】←上位4%

 

今回よかった!前回Bクラス落ちしたので、Cクラスに再浮上できてよかった!

 

上位からどれぐらいの位置にいるかも一緒に調べてみたのですが、だいたいこんな感じなんだなーって人数より把握しやすいなと思いました。

 

偏差値64以上がSクラスと聞いているので、やっぱりSクラスって4科全体が上位4%とかの世界なんだな…すごいな…と感心。うちには程遠い世界…。

 

国語は記述が空欄じゃなかったことが頑張ったポイントでした。

でも、大問を1つごっそり落としていました。時間不足だったそうです。

やっぱり読むスピードが遅いなっていうのが難点…これはどうにかしないと…

あと、漢字を2つも間違えていた!!練習ノート見たら、練習から間違えていた!

次回は母チェックを入れることにする…たった1点だけど、されど1点よー!!

 

理科は「人体」がボロボロでした。楽しそうに勉強はしていたはずだし…週テストもできていたはずなのですが…本当にボロボロでした。ここであと15点取れていれば、夢のSクラスがまってたのにー!!悔しいーーって私ではなく長男が泣いていました(私も泣きたいよ)

 

社会は4年生の時から、地理は比較的よく点数が取れる分野です。

今年も地理なので、5年に入ってからは(初回は自宅受験で偏差値が出なかったのですが8割は取れてて)偏差値56→55→66と平均を超えた状態で推移しています。今は好きな分野が出題されているので、調子がいいのかもしれないです。今回は旅行記の問題で、たくさん文章を読み進めていって答える問題は、電車に関連した問題が出て、ルンルンで解いていたようです。

 

理社に関しては、分野によって好き嫌いが得意不得意につながり、点数に反映されているような気がします。理科も、音や光は比較的よくできていたので…。このあたりの「興味あるなし」で点数が変わってくるっていうところを成長につれて「どんな分野でも興味を持って、もしくは、興味がなくてもちゃんと覚える」ことをできないと、偏差値65を超えてくるのは難しいんだなぁと痛感しました。

 

そして、算数と国語でとうとう受験者が1万人を超えました!!

実際、中学受験って6万人を超える受験生がいるらしいから、1万人じゃまだまだーって思っているけど(多分SAPIXの方々は受けてないんだろうし)、 これが6万人になった時に長男がどの位置にいるかは興味深いところ…

ただ、我が家は中学受験をする前提というよりも、「とにかく勉強しておこう」ぐらいの気持ちでやっているので…通塾も5年の初めに撤退して、四谷の進学くらぶの授業コースだし。私だったら塾辞めた時点でもう勉強へのモチベーションが下がりそうな気がするけど、塾なしで(私もあまりべったりついて勉強するわけではない)、この成績をとれるのであれば、相当頑張ってるなと今回に関しては褒めてあげました(理科がやばかったのはちょっと別日に長男と話し合いましたが)

 

ただ、今回がまぐれにならないように、夏休み、しっかりテキストで復習して、秋には「志望校判定テスト」もあるので、ちょっとしかない忙しい夏休みですが、親子ともども頑張っていこうと思いますー!

【四谷大塚】組分けテスト#3【長男5年】

早速ですが、組分けテストの点数と偏差値が出ました。

いつもは月曜日に出るのですが、一斉受験じゃないようで(提携塾も含めた各塾でやってるのかな?)、問題用紙も回収されましたし、解答もwebから配信になりました。

 

早速結果ですが…

※点数は1の位、偏差値は0.1の位を四捨五入してます※

 

4科320点(偏差値55)【順位:3500番台/9901人受験】

2科200点(偏差値55)【順位:3100番台/9901人受験】

算:130点(59)【1600/9901】

国:  70点(48)【5800/9901】

理:  60点(52)【4200/9608】

社:  60点(57)【2600/9418】

( )内は偏差値・【 】は順位(10の位切捨て)です

 

 

とうとう受験者が1万人に近づいてきましたねー!

4年生の最初は2500人ぐらいだったので、増えてきた実感がすごいです。

 

前回と比較して、点数としてはかなりダウンなのですが、

偏差値としては、1~2の上がり下がりでした。

(算数と理科で下がって、国語と社会で微増。結果、4科も2科も下がるという…)

 

こういうときに、結果を見てフィードバックしてもらえる第三者がいるとありがたいのですが、そこは進学くらぶの授業コースなので、自分で分析するしかないんですよね。

ただ、自分で分析してもイライラしてしまって(なんでだろう?生徒に対してだったらこんなイライラしなかったんですけど?)、フィードバックというかダメ出しになってしまうのでしんどい…。

 

とりあえず、一番低い国語は、記述が1つでもかけたってことを誉めて(今まで記述は書く勇気がなく、飛ばす事がほとんどだった)、じわじわでいいから、しっかり取りこぼさないように、漢字も落とさないようにして、4年生の時は偏差値50を超えてることも年間の半分ぐらいはあったので、できるだけ早く、偏差値50まで戻せるように頑張ろう…という話をしました(今回漢字を半分落としていてがっかりです)。

 

国語…どうしたらいいんだろう…選択問題すら間違えてる…

次男に手がかかっているので、長男はできるだけ自分で学んでほしいのですが…ちょっと去年の秋から偏差値50を下回っているので、これからの4週間、私も本気になって予習をして、授業を受けて、一緒に勉強してみようかと思います。

 

この成績じゃ、Cクラスから落ちちゃうかなー

(※後日談…Cクラス落ちしました。Cクラスボーダーより数点足りない…)

 

わが家、受験についてはまだ息子の考えがまとまってなくて、この勉強は、もし中学受験しなくても役に立つと思ってるのでやっているのですが(あと、長男にとっては、小学校の勉強では物足りない)、今日、「これからのこと、どうしたいか考えてる?」って聞いたら、「私立は挑戦で力試ししたいし、公立中高一貫を受けてみたいかも…?」と言い出してびっくり。

 

公立中高一貫はもうあきらめたと思ってたので。私立は受かっても進学したいとは言わなくて、「受けてみたい」と。経済的に私立は無理と息子も考えているのかな?とか思いましたが…うーん…

 

公立中高一貫は、「内申点ない、読解力ない、作文力ない」のないないづくしの長男なので、本当に大丈夫なの?!と思っていて、私の中では、あきらめの方向でした。

 

四谷大塚で合格者で掲示されている子たちは、桜蔭とか聖光とか受かって、しかも、公立中高一貫にも名前が掲示されてる…みたいな公立中高一貫向けの特別な対策をしなくてもできちゃう子たちは見かけるのですが、長男にそこまでの実力はまだ備わってないんですよね…。

 

あとは、私の周りの公立中高一貫を目指してる人は、小4とか5から中堅塾の中高一貫コースに通ってる人が多いです。一度、その中堅の塾へお話を伺いにと、特進コースに入れるかどうかテストを受けに行って特進コースに入れるといわれてほっとした記憶があります(テスト簡単だったって言ってたけど)

 

その時、テキストを見せてもらったのですが、記述とかが本当に多くて、テストの結果を見たその塾の先生が「今の長男くんの成績であれば、6年生からでも対策できますよ」といわれましたが、いやいやいや…それはない。記述無理…。

 

 

そんなことを言われた覚えがあるからなのか、長男もあきらめてなかったのか…なので、現実を知ってもらうために、今日、過去問をちょっと見せてみました。「いつもやってる勉強と違う…問題多い、作文多い…」とごちゃごちゃ言ってました。それが現実なんだよね。サラッと見せてみただけなので、しっかり時間をとってやらせてみたいと思います。

 

7月に小学校で個人面談もあるから、そこで内申については、どう頑張ればいいか質問だなぁ…

 

悩むなぁ…公立中学に行って、高校難関受験っていう進路も視野に入れられるかな?とか(ホント、内申がなぁ…)それに関しては、進学してみないとわからないので、悩むところ。中学受験回避して、高校受験で「中学受験だったら余裕の偏差値だったところが受けられないってどういうこと?!」ってなるのは絶対に親子ともどもつらいと思うんだよねぇ…

 

母、超絶ネガティブな面があるので、どんどん悪い方向に妄想広がります…夫は「男だもん!何とかなるよー!」と、あっけらかんとしてる人なので、助かってる反面、あまりそれを言われると、温度差につい、「もっとちゃんと考えてよー!(怒)」って言っちゃうんですが(笑)

 

もういろいろ考えすぎて頭痛いーー!(笑)カフェラテ飲んできます!(笑)

進学くらぶの進め方とipadについて【長男 5年】

長男が5年生から、在宅で進学くらぶで勉強していますが、授業コースなので、動画が見れます。直営校へ通塾していた時にも、このサービスはあったのですが、ほとんど見なかったです。

◎毎週の進学クラブの進め方【~試行錯誤して、現在こんな感じです~】

算国理社、毎週毎週動画が更新されます。

算国が各2コマ、理社が各1コマなので、我が家ではこんな感じでやっています。

 

土日:算数と国語の予習

   (とりあえず予習シリーズの問題(と算数は演習問題集の一部も)全部解く)

月→理科:1コマ 算数:2コマ

火→社会:1コマ 国語:2コマ

水→理科の復習と算数の演習問題集と週テスト問題集(Aクラス)

木→社会の復習と国語の基礎演習問題集(国語苦手なので)

金→週テスト問題集(算数・国語・社会)

 

これにプラス朝に計算と漢字練習をやってます。

最近はペースもできてきて、しっかりやっています。

ただ、なかなかすぐに結果に結びつかないんですけどね(塾なしになって、がくっと落ちなかっただけよいわって気持ちでいます)

 

進学くらぶの授業コース(週テスト受講なし)の子は、自分で動画のクラス(SCとBとA)を選べるのですが、長男、算数はSCクラスでもいいんですが、国語は…本来なら、BでもAでもいいんじゃないかと思って悩んだんですよね(教科別にレベル選択はできない)

 

進学くらぶのサポートセンターに電話相談したら、「算数のレベルに合わせてください」といわれ…やっぱりそうだよね、ということでSCクラス。先生方もとても明るくてわかりやすいです。おどろいたことに、動画講座で教えてくださる、ある教科の先生は、私が若いころいた塾で先輩だった方でした(笑)びっくりびっくり(^^;そして懐かしいー!

ipad購入!

迷ったんですよ…買うの。

当初、私のPC(Surface pro)を使わせてあげればいいかなと思ったのですが、月曜日、火曜日はほぼずっと使われているし、組分けテストの直しとか、意外と使う事が多いんですね。それは、直営校生の時の【高速基礎マスター】でもかなり奪われる時間が多かったのですが…

私がちょっと何か調べたり、書類作ったりとかが出来ず、かなりストレスに感じてきたので、これを機に購入!auショップでipad32G(第7世代)を購入しました。割り引いてもらって、一括で約3万ちょっと。私のへそくり使いましたよぉ…orz

 

それにプラスして、ipadケースや、タッチペン、キーボード(どれも純正品ではない)や、マグネット式充電器も購入しました。

 

ちょっとした画面に表示された問題も、スクリーンショットをとりながら画面に書き込めるし、便利!(スクリーンショットからのメモ書きこみは、Surfaceの方がもっと使いやすいのですが私のなので貸しません!(笑))\\\\\

 

休校中は、アプリなどをたくさん使っていい勉強にもなったし、いろいろ調べるのもやりやすいし、英語の勉強やタイピングでも(前回の記事をご参照ください)使えるし、なぜもっと早く買わなかったー!!

 

授業コースなので、【高速基礎マスター】は使えないのですが、上記のスケジュールで勉強をしていると、たぶんもう、高速基礎マスターまでやってる時間はないだろうなーと。

 

火曜日と金曜日は2年生の次男が、東進(四谷大塚)の「全国統一オンライン講座」を受講しているので、次男は火曜日は私のSurface、金曜日は長男のipadを使ってやっています。ホント、便利な世の中になりましたね…私も学生時代、パソコンとかipadとかあったら便利だったのになー!(大学入学した時に、個人で購入してくださいと言われたものは、まだワープロの時代でした(笑))

 

ちょっとした出費になるかもですが、ipadおすすめですー♪

四谷大塚 組分けテスト【長男5年 #1#2】

そういえば、明日6月14日、組分けテストなんですよ。

すごい余裕でお花に水をやって、自分も食料補給して、いつになったら勉強するのだろう…?と片目で長男を見ている母…このブログが書き終わるまでに、せめてなにかスタートはしてほしいなぁ…どうだろうなー?

 

さて、今回6月の組分けは、3回目のテストになります。

今回はコロナ禍により、外部個人受験の我が家は、過去2回、ちゃんと組分けテストが受けられてない状態です。

 

1回目→問題、解答をもらって自宅受験(自分で丸つけなので点数のみ)

2回目→自宅受験をして、解答を郵送(順位と偏差値は出た)

3回目→6月14日(四谷大塚の直営校にて受験予定)

 

…って感じ。

今回、外部会場での受験の選択肢がなく、むしろいつもは選択できない直営校で受けることになったのですが、長男に「4年生で通ってた校舎で組分け受けることになるんだけど…たぶん、一緒のクラスだったお友達とか先生とかにテストで会うと思うけど、大丈夫?「え?なんでいるの?」とか「どうしてやめたの?」とか言われたりしないかな?大丈夫?」って一応聞いたんです。

 

でも、「え?なんで?そんなことあっても、全然大丈夫だけど?(^^)」とサラッと返されました。男女の違いかなー?考え方の違いかなー?私だったら絶対にいろいろ先に考えちゃって行くの嫌だけど。ガンガン目立つ子ではないけど、長男のこういうしなやかなところ、本当にうらやましく思います。

 

さてさて、話を戻して、組分けの話。

(4年生の1年間の成績は、別記事でup予定です)

 

1回目、2回目の成績は、以下の通り。

(一の位を四捨五入していますので、合計成績と合わない場合があります)

 

1回目:4科380点 2科220点

    算:150 国:80 理:80 社:80

 

2回目:4科370点(偏差値56) 2科230点(偏差値57)

    算:150(62)国:80(45)理:70(55)社:70(56)

    ( )内は偏差値です

 

算数の貯金を国語ですべて使い果たす…という現実。

相変わらずでございます(笑)

 

2回目の組分けはC7に入りました。

4年生の組分けの秋~冬にかけてが、ずっとBクラスだったので、やっとCクラスに浮上!と長男はニヤニヤしてました。

 

確かに…きっちり動画授業は見ているとはいえ、塾に行かないで自分で勉強している長男がCクラスをキープできるのは、結構すごいことなんじゃない??と褒めてあげました。

 

国語が足を引っ張りまくってるので、国語だけ何とかしてくれー!!と私もいろいろ手を打たないとと思っていますが。だってさ、もし、国語が偏差値50だったら、単純に計算して、偏差値2上がるってことでしょ?それって大きいと思うんですよねー。順位だってググっと上がる!

 

理社は好きな分野と興味のない分野での点数が大きく変わるので、興味がなくても、ちゃんと点数をとれるというのは大事なんだなと思いました。

中学受験をしないで、公立中学校へ行ったら、さらにオールラウンダーを目指さなくてはいけなくなるので、まさにそこが大事になってくると思うし。

 

さて…ブログそろそろ書き終えようかな。

長男…やっと取り掛かったようです。

あ、でもそれ、昨日の課題…終わってなかった週テスト問題集の丸つけと直し…眠くて明日やるって言ったんだったら、早く起きて、今日の課題に支障がないようにやって調整しなさいよー!と、これから一言物申してきます!(‘△‘)

休校中の家庭学習【長男5年生】

ブログが90日以上空いてしまっていたようです。

みなさんこんにちは。ごぶさたしております(毎回言ってる…)。

 

まさか日本がこんなことになるとは思っていなかった事態になり、

学校が休校になり…いろいろとあわただしい生活をしておりました。

 

1つ前の記事で書いたのですが、長男は新5年生から四谷大塚の進学クラブで学んでいます。週テストは受けていません。組分けは受けに行きます。

 

毎日予定を立てて、週末に算数と国語の予習をして、平日は動画授業と復習、金曜日に週テスト問題集をやって、また週末に算数と国語の予習…とだいぶペースがつかめてきました。

 

1月に中国がコロナですごいことになり、そのころ、私が以前仕事で取引してた会社の中国の人たちも、みんな在宅とか、お子さんは休校とか言っていて、大変そうだなと思ってました。

 

まさか日本がこんなことになるとは…(2回目)

 

塾に通ってる方々は、在宅で勉強をさせるのが本当に大変!って言っていて、うちはもう2月から、自分で予定立てて、動画見て、予習して…を始めていたので、あまり大きく崩れることなく、勉強を進めることが出来ています。タイミングよく自宅学習に切り替えられたのは、ラッキーだったなと思います。

 

小学校も3月から休校になり、3月4月はあまり課題も出なかったし、長男は課題がでても猛スピードで終わらせてしまうので、ヒマヒマヒマヒマー!とよく言ってました。

 

だからといって1日中予習シリーズをするのもそこまで時間はいらなかったので…

何かやれることはないかと考えてみました。

 

どうせ休みなら英語を勉強してみよう!…ということで、英語の勉強に取り掛かりました。5年生から教科化されますしね。

 

①アルファベット書けるかな?

 

長男、どこまで英語できるのかなー?と思ったら…え?アルファベット書けないの?!

びっくりです。グーグルで検索とかしてるから、アルファベット自体は知ってるみたいだけど、英語の罫線のノートに書けない…。そこから始めました。

「目標はアルファベット26文字を30秒以内で!」といったら「できないよー!そんなの出来ない!お母さんだってできないと思うよ!」というので、書いてやりましたよ、18秒で(笑)

 

フォニックスを学んでみよう!

 

やっぱりフォニックスは絶対学んでおいた方がいいと思うのです。

なんでかというと…これは私の持論なのですが、

私たちの日常には、普通に英語の単語で、生活の中に存在する言葉がたくさんあるじゃないですか?レッド・ブルー・ディナー・ランチ・プレイ・スクール・・・・とかね。

 

そういう言葉から身に着けて行ったら、あっという間に100とか200ぐらいの単語は身につくんじゃないかと思うんです。その時に、読めて(フォニックスやると本当に読めるようになる!)、耳にして、聞いたことある言葉だったらもっと英語のとっかかりが楽になると思うんです。ローマ字読みでも何となく読めると思うんですが、そこはフォニックスを習っていると、読めるし、聞いた単語のつづりを書くこともできる。これ便利。

 

留学していた時に、会話の中でわからない単語があると、辞書を引くのですが、音でしか聞いてないので、辞書を引くときは、フォニックスで何となくつづりのあたりを付けて調べてたのを思い出しました。やっておいたよかったフォニックス…という経験から、長男にも覚えさせたかったのです。

 

③タイピングの練習をしよう!

 

この休校期間直前に、ipadを購入しました。

理由としては、私のPCを使って、長男が四谷の動画授業をみていたのですが、私もPCを使いたいのです…もうそれが限界に達してしまって(笑)

 

第7世代ipad32Gをauショップでたくさん割り引いてもらって、それでも3万円ぐらいしたんですが、タイミングもよかったし、購入して本当に良かったです!

(購入してよかった!勉強に使える!面白いアプリもたくさん!というのは別の記事で書こうと思います)

 

ipadのマジックキーボードを購入するのは子供にはさすがにもったいないので、市販のBluetooth接続のキーボードを購入しました。

 

タイピングは「e-typing」にお世話になってます。会員登録すると、基礎中の基礎から学べてとてもいいです。シンプルだし。「ぽけでび」というカワイイ動物が出てくるタイピング練習サイトも好きだったのですが、フラッシュを使っているため、ipadでは使えなくて残念…。

 

タイピングで「aaaa」とか打つ練習をしながら、口では「アアアア」という。

「bbbb」と打つ練習をしながら、口では「ブブブブ」という。

タイピングも学べて、フォニックスも練習できて一石二鳥!!

 

④be動詞の文を勉強しよう!

 

今の小学校も中学校も、やはり、「通じる英語」を目指しているのか、昔とは教え方が違うんだな…と教科書やテキストを見て思いました。確かに会話で通じるのは大事だと思うのですが、文法と会話をまぜこぜで教えてもらいたくない!!と声を高らかに言いたい。

 

例えば、この文…

I went to Kyoto last year.

Did you like it?

 

こういう文が教科書に載っていたそうです。訳すときに、Did you like it?は、

「楽しかったですか?」になるそうなんです(教科書に書いてあった)

「あなたはそれが好きでしたか?」と訳で書いたら×になるそうです。

 

うまく説明できないんですが、文法=昔の悪しき学習習慣 とするのやめてほしいです…文法がちゃんとできないと、ちゃんとした作文できませんからね…その上での「会話としてのスムーズな英語」をエッセンスとして教えてあげてほしい。文法と会話、別の時間で授業してくれないかなー?私は自分の時代の文法の勉強、とても大事だと思ったし、留学して「あーやっぱり文法って大事!」って思ったので。

 

…ということで、長男には、ちゃんとBe動詞から教え始めました。

ただ、休講中にbe動詞の普通文・疑問文・否定文を教えたところで、GWに突入して、GW以降、鬼のような課題が毎日出されて全然英語を勉強する時間が無くなっちゃったんですけど…。

 

休校中だったけど、何かできるようになろう!と少しは身についているといいな…と思い、目標は、日々の勉強の支障にならない、長期休暇を利用して、早めの英検受験!としていきたいと思います。